OnegaiBlue.jpg generate.png

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

マイクラわっしょい

現在製作途中のお家
良いサイズの家具がないので家具類全部自作ですわ。
一番お気に入りはロッカーの上にあるダンボールですわ。
床は発光するブロックなので夜でも明るいね。

11122222222222222.png
342343244.png
31231312.png
987653333.png
234235432522.png
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | 2013/08/27(Tue) 14:54:42

マウス買った。

PC床においてフローリングの上でマウスかちゃかちゃやっていたんで、

床の凹凸面で上むいたり下むいたり大変なことになったのでマウス買いました。

マウスの階級で言うと中位のBLUE LEDってセンサー方式みたい。ライトが青いやつ。

小さな凹凸でも大丈夫でガラス面や透明シートとかカーペットの上でも大丈夫らしい。

まぁ1600円ぐらいの安物だけどね。多分型落ち品

サイズがでかくて気に入りました。

こんなヤツ http://kakaku.com/item/J0000001258/

ちなみにいつもこんな姿勢で遊んでいる。

sisei.png

脇に枕を入れるとベスト!
未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | 2013/07/13(Sat) 22:21:49

僕の彼女はサイボーグ

題名見て気でも狂ったと思った?

映画の名前だよ。

昔、資料のためサイボーグについて研究していたときにたまたまこの映画の題名が引っ掛かって
見てみたらとてもいい映画だった。最初は、サイボーグを研究しようと思ってたんだけどね。

主題歌がとても気に入って最近見つけたんでURL乗せときます。

ちなみに今はminecraftにて家を作成中


未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | 2013/07/12(Fri) 23:46:16

最近

最近なんか、ほすと接続なんたらが多いね。

あれサッカーモードだけなのかな?

だいぶ前からだけど、右側のテストバナーってところにサッカー民の生態調査だけリンク込で作っといたから。
アレクリックしたら自動的に飛ぶよ。

ブログいじり結構楽しいね。プログラム言語が厄介だけど、自分がわかるのはC言語とFortranとHSPぐらいかな。
工業とかの全自動機械は、あれ言語なんだ?あれも使える。
自分のPCはモバイルPC画面だからちょっと横長なんだ。だからブログも横長の状態で作っていたけど。
よく考えたら画面が横長じゃないデスクトップタイプの人には醜いんじゃないかと思ってサイズを調整したり。
この改行とかもひとによって見え方が変わるんだろう。


シュートもマンネリ気味だし、マサカリシュートなんてやり方忘れたし、マウス変えたから感覚分からない。

内側に曲げて逆サイドを狙うヘルズクローなんて、弟のが美味いし、私のはせいぜい真ん中で落ちる玉。

回転イケメンシュートの成功率はかなり高いんだよね。


2回曲がるシュートのやり方もなんとなくできるんだけど。
パワーシュートや威力高い状態じゃないと実用性は皆無。自分でもどんな感じで飛んでいくかわからないからね。
変化しないでまっすぐ飛ぶ時もあるから。微妙なところ。


半回転イケメンシュートでも考えちゅう。
名付けて流し目シュートだ! 実践で使ってみないことには性能はよくわからん。

最後に、前お試し期間中のアニマックスを見ていたら変なアニメを見つけた。
内容はよくわからんが、OPがものすごかった。


未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | 2013/06/17(Mon) 17:01:22

1週間ぶり(たぶん)

31231123131.png

1週間ぶり(たぶん)の試合。

はじめは、中央付近をうろちょろしていたと思う。

DFがゴマゴマと挌闘していたがなかなか止められない様子だったので、

なんとなく下がってDFをしていました。

終盤はDF陣は全員上がっていって、一人でゴマゴマークしていました。

相手がワントップ体制だったので、結構殴りやすかったよ。

いつもは殴ろうとしたらパスされるからね・x・

結構、攻めの手数が多かったので相手GKさえ違う人だったら勝てたかもしれぬよ。

未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | 2013/05/05(Sun) 19:37:42

プレイスタイルの選択

プレイスタイルを2つに分けるとするならば、
「静」と「動」がある。

動のプレイヤーに見られる傾向は、ドリブルをしまくる。
ゴールゾーンでボールが飛んできたらとりあえずゴールに向かって打ってみる。
後ろ向きでパスを貰ったら確認せずにすぐパス返しちゃう。
これは、誰かが後ろにいそうという感覚を常に抱いているから起きてしまう。
また、動のプレイヤーは、DFを抜くことに集中するため、周りがよく見えていない場合がある。
しかしながら、動のプレイヤーはとっさの判断力に長けており、混雑している場所でのプレーに光るものがある。
威力は低めで1か2程度である。
この威力は、ゴール付近でシュートを外さないような威力になっている。
欠点としては、パススピードが遅くなりがちである。
スタミナを他のプレイヤーより多めにしているため加速力は申し分ないだろう。


次に静のプレイヤーだが、彼らは、DFと衝突することを極端に嫌う。
故にコート全体を把握し、マークされない位置に居たがる傾向がある。
DFに追われたら、とりあえず逃げるのである。
動のプレイヤーとの違いは、DFを抜くのではなく避けるのである。
守り方にも違いがあり、DFの時は、無理に突っ込まず相手が来たところを殴るといったプレーを見せる。
ゆえに威力も高くなりがちであり、GKの時も相手のシュートを予測して取る形が得意である。
静のプレイヤーが行う速攻パスは成功率が高い。つねに相手DFの位置の把握を怠らないからである。
ゆえに静のプレイヤーのボール保持率とパス成功率は高い。
欠点を挙げるとするならば、突破力がないことだろう。
スピードやスタミナの代わりに威力を上げるため、緊急時にスタミナが尽きるなどが起こりやすい。



動のプレイヤーとして遊んで見るならば威力は1で遊ぶとよい。
威力1の時のボールの軌道はシュートするときにわかると思うがボールを常に前方に打つことを意識すれば初速が早いボールとなる。できるだけ相手GKに近づかねばならないが、後ろから相手が迫ってくるスリリングさが味わえるだろう。ここで相手に殴られたり触れられたりすると加速力がおちてへろへろボールになることに注意。
威力はさほど上げていないのにものすごい速度のシュートを打てれば動のプレイヤーとなるだろう。


静のプレイヤーとして遊んで見るならば威力は3以上が望ましい。3以上の威力は、ゴールポストに当たる可能性が高く、判断力が試される。
過去にGKが居ないときに相手がボールをシュートしたときギリギリ入ってしまうということがあっただろう。
それは、自分の威力の時にどの位置まで転がるのかを把握しているから出来る技である。
GKが前に出てきたときは動のプレイヤーはGKと勝負しなければならないが、静のプレイヤーならば避けてゴールにゴロシュートを叩きこむことが可能である。
静のプレイヤーは常に自分のパスやシュートがどの位置まで届くのかを考えて試合してみると面白いだろう。
ドリブルによるシュートではなく、単純にシュートだけでゴールすることが出来れば静のプレイヤーになるだろう。
PK練習をしてみると良い。

未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | 2013/04/08(Mon) 17:50:06
Gonsan.jpg

狂魔王動画

最新記事

最新コメント

リンク

テストバナー

バナー バナー ssssssaa.png toradora_logo.png img1.png cannot_linkhere.png minamike.png

カテゴリ

月別アーカイブ

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。