OnegaiBlue.jpg generate.png

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

ゾンビから逃げるだけの簡単なお仕事

13i231p33.png

どやっ(`・ω・´)
どやっ(`・∀・´)
ゾンビから逃げ切ったで。
2位の人めっちゃうまかったで
1回負けたのはゾンビなったとき自己犠牲でTNTの橋のとこにマシンガンがいやがった・・・
正直TNT橋で足止めするかしないかで結果変わるよねこれ。

俺は足止めしてやられるのいやなんで最初の方で無理してFBとって
はしのとこで爆発する瞬間に空に放り投げるわ。
そのあいだに2位の人がショートカットして脱出準備してくれるんで
いい感じに逃げることができた。

ゾンビの時は最後の最後で道路の上の方からダイブして一網打尽にしたわ
気持ちよかったわあれ。

最初、空ちゃんもいたけど車に乗ってるときに最後に空ちゃんがゾンビにやられて出発したあと、
ご飯かなんかだったんだろうか落ちちゃいました。
スポンサーサイト
試合結果 | トラックバック(0) | コメント(1) | 2012/08/31(Fri) 19:15:58

のららっらーらー

587931.png
夜の試合・・・
頑張った。後ろから追い上げて殴ったり、MFしたり。
感想としては、敵パスが多い感じがした。
殴って奪ってゴールの場面が多かったきがする。
MFのときは結構神パスしたんだけどなぁ・・・
相手DFの頭一個分をパスが浮いてペナルティエリア前の味方に渡ったとき。
あっこれ神だわとか思ったりしてました。(#^.^#)
低いループパスマスター出来るといいなぁ。

今回はギリギリ攻めてみたけどバーに当たることがなくていい感じ。
やっぱりパスは速度あったほうがやりやすいよね。
CSOサッカー | トラックバック(0) | コメント(0) | 2012/08/31(Fri) 01:13:22

ケージ2

eeqwq.png

深夜1時すぎ部屋がないんでケージしてきた。
深夜組の方たちがいたので遊んできました。
HIDORAちゃんは攻撃型なので私が守備してました。
結構ナイスセーブした(*^^)v
いやぁしかしパスの精度もいい感じですなぜんぶ左クリで行けました。速度あるからケージだと便利
壁際は跳ね返ってやりにくいけどね。
苺もちちゃんはさすがケージやりこんでますなぁキャノンの精度がすごいね。
後半ゴール離れた時に何点かやられた。油断は禁物ですな。
試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) | 2012/08/30(Thu) 01:42:20

ケージ

aaaawad.png

あまり部屋がないのでケージしてきました。
はじめミスばっかりでかなり点を取られていましたが、相手シュートコースがだいたいわかってきたので、
DFしながらシュートコース塞いできました。
左右に動いて揺さぶりをかけてくる時に殴りにかかったらよけて前に進んでしまいますが。
これ以上前に進んだらシュートできない場所が判明しためそのライン付近でDFをしたらもう肉壁状態で
ひゃっほぅ状態でした。
点取り合戦だったのですがギリギリ勝ててよかったです。
試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) | 2012/08/26(Sun) 16:25:45

ウイニングシュート

みなさんはウイニングシュートはお持ちですか?
私は絶対決めなければいけない場面でよくウイニングシュートを使います。

このシュートはカーブシュートなんですが、変化が少ないんですね。
ボール一個分ぐらいの変化しかしません。
変化が少ないため速度はかなり早く、軌道は高く、その場でジャンプしても曲がるので取れません。

かといって打つ瞬間に横にとんでジャンプしても横に飛びすぎてとれません。
実はこのシュートまだ取られたことないです。バーにはじかれることはあるけど゚(゚´Д`゚)゚

問題点は真っ直ぐ打ち込むタイプのシュートなので相手DFを避けたりすると打てないところかなー

軌道は自分でもよくわかりませんが、野球で言うHスライダーみたいな感じかな。
最近CSO思いからシュート精度悪くなるんだよねーどうにかならないかしら。
CSOサッカー | トラックバック(0) | コメント(1) | 2012/08/24(Fri) 14:28:06

スタイル変更について

昨日から少し能力の上げ方をいじっています。
最近、ペナルティエリア内にパスをする人が増えてきたため、それに伴い威力を少し下げました。
理想としてはペナルティエリア外のループが基本でしたが、タイミングを外すとシュートしにくい状況に至ってしまいます。
そこで、ドリブルタイプに変更いたします。
2~3発ぐらいなら殴られても平気になると思います。ただしカーブ主体のシュートなので少しでも殴られるとボールの威力が減速してしまいがちなので、そこを気をつけてシュート精度をあげようと思います。

何回か試合を行ったのですが、案外DFもできていい具合の能力配分でした。
突っ込むタイプのDFはあまり威力を上げなくてもいいかもしれませんね。

ドリブルは昔の変速ドリブルになる予定です。結構使えることが判明したので。
昔はシュート技術がなかったのであまり行かせなかったこのスタイルですが・・・
「狂いの舞」発動しようじゃないか!
CSOサッカー | トラックバック(0) | コメント(2) | 2012/08/21(Tue) 13:25:17

更新停滞のおしらせ

ただいま、実家に帰っておりましてのほほんとバケーションしております。
20日からまた更新再開しようかと思っていますが、
同時期に忙しくなるので夜の活動となるかもです。
以上、連絡まで。
日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | 2012/08/18(Sat) 12:01:42

小説9話 続き

俺は、氷室先輩と別れ教室へ向かう。
途中アスト学院長とばったりであった。

透「おはようございます。」

アスト学院長「ほほぅ君か、学園生活はどうじゃ」

透「うーんぼちぼちといった所ですね。」

アスト学院長「ふむ、何かあったら相談するがいい」

透「あっ・・・ひとつお願い上があります。」

透「このゴーグルのデザイン変えてくれませんかね」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[教室]

英雄「おっす透。あれ、なんでお前メガネなんだ。」

透「さっき、学園長にゴーグルのデザイン変えてもらった。」

英雄「へー似合うじゃん。」

英雄と会話をしていると、マッチョ先生が入ってきた。

マッチョ先生「おーい、席付けー」

マッチョ先生「さて、みんな部活めぐりとかは済んだか。」

マッチョ先生「この学園では、先輩と知り合っといて損はないからな」

マッチョ先生「今日は、まずこのクラスの委員長を決めるぞ」

マッチョ先生「誰かやりたいやつはいるかー」

たいていの場合、委員長などのめんどくさい仕事は誰もやりたがらない。
なので、時間だけが過ぎていき、最終的にじゃんけんになるのだが・・・

「はいっ!!」

そこで、小さな手を勢いよく突き出し、ジャンプしてアピールする少女が・・・

マッチョ先生「おおっ、風花やってくれるか。」

彼女の名は、風花りん特徴を一言で言えば小さい。何から何まで小さい
まるで小等部の生徒が紛れ込んだのかと思った。髪は腰あたりまである金髪なので、
まるで人形みたいだ。

マッチョ先生「じゃぁ、委員長が決まったので授業をはじめるぞ。」

マッチョ先生「今日の授業は、いきなり実習訓練だ、みんなグラウンド集合な、じゃ解散」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大きな研究所に、黒塗りのリムジンが止まる。

ヒエル「ジキル、俺だ開けてくれ。」

大きな扉が開いていく。
ヒエルが進んだ先には大きな機械が置かれていた。
そのなかからひょこっとひとりの男性が顔を出す。

ジキル「おっ君がこんなとこに来るなんて珍しいじゃないか。」

ヒエル「お客がくるんだから茶ぐらい出したらどうだ。それとも、私が来ることがわからなかったのか、千里眼のジキルも落ちぶれたものだな。」

ジキル「すまんな、だいぶ前に予知してたものだからすっかり忘れてしまったよ。」

ジキル「確か息子にあったんだろ?どうだった。」

ヒエル「ふっ千里眼は健在のようだ・・・お前の息子のことだが、さすがにお前の子だな」

ヒエル「体内魔力量はすごかったぞ、いずれお前を超えるかもな。」

ジキル「超えてもらわねば困る、きたるべきる戦の日にな」

ヒエル「そのデカ物はもう完成しているのか・・・」

ジキル「ああ、あとは魔力を貯めるだけだ・・・」




小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | 2012/08/11(Sat) 23:02:22

このブログの更新をお楽しみにしている皆様へ

最近、忙しくてやばいです。
昨日も今日も徹夜death

昨日はINしたけど何もやらないまま落ちたわ。
一応、今日の6時ぐらいにいったん開放されるので、そのあと遊べるかも。
小説の方は、なんかすごいストーリー展開を考えてしまった・・・
天界とか魔界が絡んでくるかも。(異世界好きだからねー)

さて、サッカーのでは、パス成功率を計算してみようかな。
パスが通ってもすぐ敵に取られるやつは成功とみなさない。
そんな感じ。
日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | 2012/08/07(Tue) 10:58:11

小説9話

いやっふぅ、催促があったので書いていくことにするぜぃ。
やべぇ、キャラクターの名前ほとんど忘れた。
過去記事見返さないといけないぜぃ。


~episode9~ 魔法は万能ではないってどっかのエロゲの人は言っていた。

生徒会に、入ることになった俺だが……
入学初日に活動してもうヘトヘトだ。
特に収穫はなかったので、会議も長引くことはなく、帰路についた。

[透家]

透「ただいまー」

咲「おかえりー遅かったねぇ。」

玄関で妹と目が合うなり、沈黙が訪れる。

咲「……」

透「……」

咲「なに、そのゴーグル」

透「実は、かくかくしかじかで……」

咲「ふーん(´-ω-`)そんなことがあったんだ……」

透「ああ……」

咲「なんかダサイよそれ……」

透「やっぱり?」

それはそうだろう、なんせ外見が水泳ゴーグルなのだから……
やはり、学園長の歳ではゴーグルと行ったらこれなのだろうか……。

透「まぁ、とりあえず飯にしよう、飯は何かな。」

咲「今日の夕飯はスパゲティさんだよ。」

透「おおっゲティさんか!」

俺は貪り食うようにゲティさんを口に詰め込む。
チュルチュルッ!

咲「こらっスパゲティは吸わない!」

透「日本人には関係ないねそんなもん、腹に入ればいいんだよ。」

咲「もう、お兄ちゃんったら……(ちょっと嬉しい。)」

飯も食べ終え、皿を洗う。
皿洗いは俺の仕事だ。家事のほとんどは妹に押し付けているからこれぐらいはやるといったのだ。

透「くそっ このシミが気になる、うりゃぁぁぁあっぁあぁあ」

さて、風呂はいって寝るか。
ふぅ、今日はいろいろあったなぁ、(=-ω-)zzZZ乙乙

[翌日]

透「さて、朝飯はなにかなー。」

咲「今日は、納豆ちゃんだーねばー」

透「うわーネバネバだぁー」

さて、そろそろ出るか。

透「生徒会の方に顔出してくるから、さきに言っとくぞー」

咲「いってらっしゃい。」

今日は暑いなぁ……。

勘太郎「ひゃあっぁぁぁっほぅううううううう」

ビューーーーーーーン!!
風使いの魔法の勘太郎がスケボーでものすごい勢いで進んでいく。

透「いいなぁ風魔法。」

楓「(あ…透君だ、声かけようかな。)」

パッパー!!

グラサンの男「乗ってくかい少年!」

俺の前に、黒塗りのリムジンが止まる。
中からは氷室先輩が手を振っている。

氷室「……キンッキンに冷えてるぜボーイ。」

透「じゃぁお言葉に甘えて。」

楓「(ああ、透君行っちゃった。)」

[車内]

透「いやー快適快適」

車内は、快適な温度に保たれていた。

透「氷室先輩って、お嬢様だったんですね。」

氷室「……別にお嬢様じゃない…よ」

透「えっでも執事の方もいるし。」

はじめに声をかけてくれたグラサンの男の人を見る

氷室「ピエールは執事じゃないよ、私の…父上」

透「ええええっ ピエールさんはお父さんなんですか?」

グラサンの男「ああっ私は、雫の父だが、ピエールではない。これは、雫が付けたあだ名だ。」

グラサンの男「私の名は、氷室ヒエルだ少年」

透「ヒエルさんですか、はじめまして俺は透、城島透って言います。」

ヒエル「話は雫から聞いているぞ少年、なるほど澄んだ瞳をしている。」

ヒエル「(さすがは、やつの息子といったところか、ものすごい魔力量だ)」

ヒエル「おっと、もう学園についてしまったようだな……。」

透「ありがとうございました。」

ヒエル「がんばれ、少年またな。」

氷室「どうやら、気に入られたみたい…だ」


続く…
小説 | トラックバック(0) | コメント(2) | 2012/08/01(Wed) 23:26:00
Gonsan.jpg

狂魔王動画

最新記事

最新コメント

リンク

テストバナー

バナー バナー ssssssaa.png toradora_logo.png img1.png cannot_linkhere.png minamike.png

カテゴリ

月別アーカイブ

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。